2008年11月30日

2008JapanCup 幻の16

 かつて書き損じで高配当の勝ち馬投票券をとれなかったことがある、何度もある、みんなそういうのさ、という言葉通りになんどでも。嬉しいのやら悲しいのやらせつなくて、やはり見たくもないがまったく何もないのも淋しい。
 今回のジャパンカップも違わずその一例、というか逆なのだ。
 当初、今回は穴でイケイケのつもりだった。そして外国産馬は知らなかったので、日本の馬を勘で選んだ。
 サムソン強いだろー、チェック。コスモバルクがんばってるね、チェック。とこの二頭を中心。まったく穴ばかりでもどうにもならないので、ディープスカイとウォッカをチェック。でも配当高いのがいいのでまた少し穴に流れてオーケンブルースリとマツリダゴッホをチェック。これらで複勝やら馬番連勝複式やら三連複を買った。いつもならワイドも買っている。今日は金がなかったのでやめたが。実にわたしらしい曖昧な買い方である。
 そして途中まで書いて気がついた。18番のコスモバルクを16番だと思って書いてしまったのだ。時間もないので急いで修正した。外国馬のスクリーンヒーロー(注:そそっかしいわたしは、外国馬だと思い込んでいた)なんて知らない。もしかしたら強いのかもしれないが、調べている余裕もないし、これ以上賭けるお金もない。鞍上のデムーロはピカイチだが、これは切ろう。なによりその昔、チェックミスでサクラローレルxジェニュインを獲り損なった。トロットサンダーxメイショウテゾロでも酷い目に遭った。二度とそんなことは御免だ。危ない、あぶない。
 結果。
1着  16番 スクリーンヒーロー
2着  9番 ディープスカイ
3着  4番 ウォッカ
4着  13番 マツリダゴッホ
5着  1番 オウケンブルースリ
6着  2番 メイショウサムソン

=== 超えられない壁 ===

17着  18番 コスモバルク


わたしは呪われているのでしょうか。
posted by はづき生 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック