2010年04月20日

2010年1月22日(金)のメモ。文庫の間にはさまっていたのに、けさ気がついた。 田中宏輔

すばらしいと感じたので、転載します。
文章を書く方には、とても参考になるとおもいます。


田中宏輔氏のMixi記事より転載

2010年1月22日(金)のメモ。文庫の間にはさまっていたのに、けさ気がついた。 2010年04月20日16:32  


あさ、仕事に行くために駅に向かう途中、目の隅で、何か動くものがあった。歩く速さを落として目をやると、結ばれていたはずの結び目が、廃棄された専用ゴミ袋の結び目がほどけていくところだった。ぼくは、足をとめた。手が現われ、頭が現われ、肩が現われ、偶然が姿をすっかり現わしたのだった。偶然も齢をとったのだろう。ぼくが疲れた中年男になったように、偶然のほうでも疲れた偶然になったのだろう。若いころに出合った偶然は、ぼくが気がつくやいなや、たちまち姿を消すことがあったのだから。いまでは、偶然の方が、ぼくが気がつかないうちに、ぼくに目をとめていて、ぼくのことをじっくりと眺めていることさえあるのだった。齢をとっていいことのひとつに、ぼくが偶然をじっと見ることができるように、偶然の方でも、じっくりとぼくの目にとまるように、足をとめてしばらく動かずにいてくれるようになったことがあげられる。

 仕事から帰る途中、坂道を歩いて下りていると、後ろから男女の学生カップルの笑いをまじえた楽しそうな話し声が聞こえてきた。彼らの若い声が近づいてきた。彼らの影が、ぼくの足もとにきた。ぼくの前に、だんだん姿を現わしてきた。彼らの影は、はねるようにして、いかにも楽しそうだった。ぼくは、彼らの影が、自分の目の前にあるように歩調を合わせて歩いた。彼らは影まで若かった。ぼくの影は、いかにも疲れた中年男の影だった。二人は、これから楽しい時間を持つのだろう。しかし、ぼくは? ぼくは、ひとり、部屋で読書の時間を持つのだろう。もはや、驚きも少し、喜びも少しになった読書の時間を。それも悪くはない。けっして悪くはない。けれど、ひとりというのは、なぜか堪えた。そうだ、帰りに、いつもの居酒屋に行こう。日知庵にいるエイちゃんの顔と声が思い起こされた。ぼくは横にのいて、二人の影から離れた。
ラベル:田中宏輔
posted by はづき生 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。