2008年04月14日

迷わないために

 今まで、時々に際していただいた言葉を記します。
 たまに記して、自分自身の中に、そっと沈めておいています。これを、みなさんと、わかちあえたらと思います。


言葉の光が、わたしと、そして皆さんの道を照らさんことを。


学校より
・ネヴァーダイ
・安んじて事を託さるる人と成れ
・感奮興起

歴史上の人
・為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
・おもしろき こともなき世を おもしろく

母親の言
・後悔しないように生きる。死ぬときに笑っていられるようにする。
・物事は判断が重要。分かれ道が人生を分かつ。

マタイス先生の言
・分かち合い

「今日一日のアファメーション」(西尾和美著)より

 自分は生きるのに、あたいする人間です。
 自分は、自分のままでいいのです。
 自分は愛するに、あたいする人間です。
 自分は、自分の居所をつくっていいのです。
 自分を、うんと好きになります。


セレニティ プレア −−平安の祈り−−

 神様、私にお与え下さい
 変えられないものを受け入れる落ち着きを
 変えられるものを変える勇気を
 そして、この二つを見分ける賢さを


ゲシュタルト プレア
 私は私のことをします。
 ですから、あなたはあなたのことをして下さい。
 私は、あなたの期待に沿うために生きているのではありません。
 あなたはあなた、私は私です。
 でも、私たちの心が、たまたま触れ合うことがあったのなら、
 どんなに素敵なことでしょう。
 でも、もしも心が通わなかったとしても、
 それはそれで、仕方のないことではないですか。(何故なら、私とあなたは、独立した別の存在なのですから。)


コリント人への第一の手紙 より

 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。
 愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反する事をせず、自分の利益を求めず、
怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
愛は決して絶えることがありません。



大橋守は言った。
唯一無比の大橋守。
彼は、唯一無比の大橋守で在り続けた。



はづき生のキーワード。
考えていると、これらのキーワードがちくちくするのです。
これが道を照らすかどうかわからないのですけれど^^;;;
私自身の考えの整理に必要なものなので、挙げておきます。
・存在。全ては存在するから存在する。存在は認識によって存在する。もちろん認識も認識によって存在する。ただ認識された存在は存在そのものではなく、認識された存在、である。
・クオリア
・肉体はある特定の状態を維持しようとする。維持しているあいだ生きている。感覚も感情も肉体を維持するためにある。
・生態系
・入れ子
・相関
・類似
・すべてはオブジェクト。オブジェクトは重なり合う。
・システム。複雑すぎるとしても、ワンメイクに見えても、システム。意味がなさそうでもシステム。全ては関連しあう。原因があって結果がある。原因と結果は意味づけることによって存在する。ただ流れあるのみ。
・状態が遷移しているだけである。
posted by はづき生 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

食べ物には縁がないのでしょうか

 まだ体調は万全ではないのですけれど、だいぶ落ち着いてきました。でも、胃腸は弱っているらしく、ほとんど食欲がありませんし、油ものの臭いを嗅いだりしただけで、吐き気がします。
 しかし、なぜかそんな時に、おいしいものってあるんですよね。魚は、きんき。親戚から送ってきた、かまぼこや生うに。おじさんが作ってきた、新鮮な蓮のハンバーグ。近所のおいしい団子。目白押しです。
 しかし、私の口にはほとんど入らずに、なくなってしまいそうです。
(´・ω・`)ショボーン
posted by はづき生 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

うー

食べ物にあたった(らしい)
死ぬほど辛かった(ぜぇぇぇったい)
とりあえず落ち着いた(とおもう)
でも、まだ寒気するよ。

こんなんで、春を実感したくなかったー。
みなさまもご注意めされませ。
posted by はづき生 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

N家13回忌

 うちで若いころから働いてくれていたNさんの13回忌が、実相院で執り行われた。
 N家の人たちは、以前に隣家だったことなどもあり、ずっと家族ぐるみのつきあいだ。今日も親族(親族の方たちとも、長い付き合いだったりする。)だけの内々な法要だったのだが、呼んでいただいた。
posted by はづき生 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝導

出遭ったものは
操っているのか 操られているのか
わからない
へどろのようなものは
熱をもち
態をなしているつもり
型にはめられたら死んでしまうよ
気に入った

投げれば広がる波紋
読み取っていくこころは共鳴し
おさまった鏡面に映し出される
自分
posted by はづき生 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

4月4日てば。

今日、4月4日といえば、俗に「おかまの日」で広まっているような気がしますけれど、正式には「トランスジェンダーの日」となっています。とはいえ、もともと、3月3日と5月5日の間だから「おかまの日」といわれていた日らしいですけれど。
 1999年2月に、TNJという団体が日本記念日協会に申請して、「トランスジェンダーの日」となったらしいです。「トランスジェンダー」という名称にしたのは、俗につかわれることの多かった「おかま」は蔑称の意味合いの使用が多く、傷つく人が多いこと。(もちろん、あえてこの名称を、プライドを持って使っている方もいます。)性の多様性をあらわすために、ある程度受け入れの広い呼び名を使用するため、と思われます。実際、セクシュアルマイノリティは、様々な状態、状況と、考え方、感じ方の方たちがいます。細かくあげれば、掬いきれないほどです。
 で、社会へのより深い理解を求め、トランスジェンダー自身がポジティヴになれることを願って制定されたようです。



TNJ
http://www.tnjapan.com/home.htm
トランスジェンダーの日に関する記事@TNJ
http://www.tnjapan.com/news/dc990200.htm
日本記念日協会
http://www.kinenbi.gr.jp/
posted by はづき生 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

へんけんばりばりばりぞうごんぎょう激あやしすあほ。

 変人だ。サブもサブじゃない方も、カルチャー系って変人多す。理工系も変人多いけどね、このさい都合によりおいておきます。
 いわゆるヲタクって人たちも、漫画描きも小説書きも、みんなそれぞれ重なるところあるけどそれもおいておいて、変人っすよね、言いたいところ多分わかってくれるだろう、に甘えます。詩人ももれずに変人多いっすよね。同じよーな意味合いで、不幸とか病弱も多い。あえて断言。させてください、それ前提で話をむりやり作っているので。(弱気)
 そんなわけで、才能に早くも限界を感じはじめた、はづき生。小学生の作文みたいなネタのひねり出しをやっている、はづき生。まだ頑張りが足りないじゃんって、はづき生。もっと努力をすればいいんだけれど、ふと、しょーもない事、考えちまいました。
 病弱になろーぜっ!!!!!
 そうだ、そーすれば、それっぽくなるかも。と、病弱要素をリストアップ。
 頭痛もち。
 冷え性。
 肥満。
 たぶん神経だか神経だかやられているぞ、きっと。
 ひとにはいえないxxx。
 ( ̄〜 ̄;) ウーン
 とりあえず、このくらいあるだろう、ということにしたら、肥満はともかく、一月ほど前までずっと悪かった体調が、このところ調子いいのでした。
 いかん。体調がよくて、時間があるのに、才能がない。いや、いいのか。



 夕方だぜ、ふう(-。-)y-゜゜゜
posted by はづき生 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

あさり(゚д゚)ウマー

 今日のお味噌汁は、あさりでした。
 (●`ε´●)マイウー
 旬ですよ、旬。(たぶん)
 ふっくらとした身、かむとほのかな苦味と甘みが、っずわ〜〜〜。。。
posted by はづき生 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

美人秘書のフトメにドスコイしてる

 今しか書けないので、書きます。
 ずびしぃっっっ!!! って、きちゃいました。はじめて「美人秘書」をみたとき。あ、もちろん瞬間ネタかました時のなんですけどね、村上知子さんの。
 お笑い芸人で、どーにもギャグキャラな感じでみていました、今まで。というか、とくに興味がなかったので、お笑い芸人のひとり、という括りでしかみていなかっただけなんですけど。
 どの番組かは忘れてしまったのだけれど、村上知子さんがリポーターだか司会だかで出演していて、ずばばん! と瞬間、ポーズをきめて美人秘書やったとき、ずっきゅゅぅん! と、きてしまいました。ええ、かわいくて、美人秘書に見えちまったです、不覚です。
 そいえば、MEGUMIや優香に、びみょ〜〜〜〜に造形の系統が似ている気がするんですが、気のせいでしょうか。
 ともあれ旦那さん、おめでとうございます。よかったですね、料理も上手そうです。

ってゆーか。

村上知子さん、ご結婚おめでとうございます!!!
拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
♪(/*^o^)/ ̄ サン ハィ ♪    ♪♪♪〜 (^0^ )(^0^ )(^0^ )(^0^ )(^0^ )  おめでとぉ〜♪










ちっ、先こされた。(ぇ
posted by はづき生 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

児玉清に負けた……orz

 検索で自分のサイトが表示されると嬉しいものです。開設して数日は、早くgoogleロボットがこないかなーと待ちわびて、検索していました。そして、検索で出てきたときといったら!
 生さんまがあったら、踊ってしまうところでした。
 検索エンジンはgoogle、キーワードは「生さんま定食」と「はづき生」です。さすがに他のキーワードでは、とても探せる位置にありません。「生さんま」だけでも駄目です、厳しい世界です。
 当初、「生さんま定食」と「はづき生」をキーワードとした検索では、1番上に表示されていました。他に、同じキーワードでけっこう定食屋やエロサイトがひっかかったのには吃驚しましたが。とりあえず、満足していました。
 しかし、最近、思わしくありません。「はづき生」で6番目。「生さんま定食」で8番目。になってしまいました。
 わたしの前にあったのは「生さんま炭火焼定食」などです。そんな定食があったかっ!? Σ( ̄□ ̄;) しかし、「はづき生」は……「生児玉清」に負けたっ!!!!!
 つーか、「生」児玉清ってなんですか? おいしいんですか?
 orz
 いつか奪回しますよ。児玉清、覚悟しておれ〜〜〜。
「はい、ここ、チェック!」
posted by はづき生 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ツワモノ

 どんな世界にもツワモノは多い。端にも棒にもかからぬわたしも奮い立って、少しずつでも歩を進めてきたつもりだけれど、立ち位置は後退するばかり。なんどもなんども打ち砕かれても向かっていって、また砕ける。玉砕というよりもむしろ、瓦解。己ができの悪い瓦であることを、きっとほんの少しだけ知らされて、半端に崩れ去る。
 根底から足りないのだ。表現をするためには表現をつづけていかなければいけないが、積み重なったものを材料にしてしか表現はできないのだ。中身が決定的に足りないのだと思う。今月思い知った表現の雑さは、ただただ自分のいい加減な性格からだけくるものではなく、中身もないのだ。不精ながらも、読んでないといいつつも、本の数は多少はあって、浅いと思いつつも自分なりに考えることもあった、と、それを頼りに、それに無謀で身の程を知らない期待をかけて、ただ無策に、ゆるくやってきたのがいけなかったのだ。読みの深さも量も、まったく足りていない。貧困なのだ、貧弱なのだ。貧相な表現しかできない。
 もちろん表現しないことにははじまらないので、表現はする。ただ、もっと自分が足りないことを自覚して、常に考えて、感じていかねばならない。先はどうなっているかわからないけれど。
 ツワモノになろう。

 ちゃっかり屋のわたしは時間もないので、ツワモノな方々のチェックをしようと思う、いままでもチェックしていたけれど、さらに意識して。あちらこちらの「常連」の方とか。
 びっくりしたのは若い人が多いということ。狭間の広場の人もそうだけれど、高校生の方とか多い。大人だとばかり思っていた。
 世界は広くて深い。
 わたしにできることは、わたしにできることをすることなのだ。
posted by はづき生 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐしゃどかぐさっ

 新大阪に泊まって、高槻に泊まって、奈良に泊まってきました。
 みんなと離れて淋しくて、財布落としてかけずりまわって、電車にのれば鈍行で、道に迷って、時間のタイミングもずれまくりでした。荷物はどんどん重くなって、食べ物を食べ過ぎて、体重もさらに重くなって、息を切らして帰ってきたら、文章表現甘くって、ことば選びもなってなくて、雑で、文体が自分の意味不明な浅いリズムにしばられているのが未だに直っておらず、見込みもみえず、喉元につきつける刃。
 あいかわらず、切れ味悪いわ、うちの包丁。
posted by はづき生 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

屋形船

 実家の会社の祝勝会を屋形船でやりました。あみ達さんの船で、お台場〜浦安〜一之江までのクルーズです。
 実家の会社はそれなりに長い歴史があります。昭和のはじめに祖父が創業し、父が養子となって跡を継ぎ、義理の叔父がサポートをして発展してきました。平成に入ってから株式会社化し、最近になって、いとこが社長をつとめています。
 ここ数年、とても大変な状況にありました。ある大企業と取引をしているのですが、その大企業の合併や時流により、わたしたちが提供してきたサービスを、グループ企業に移管することになったのです。
 わたしたちは昔、多くのお得意様がありましたが、その大企業の関東地域と全面的に取引をすることになりまして、今までのお得意様のほとんどを、同業他社に譲るなどしていたのです。収入のほとんどを、その大企業に依存していました。もちろん、それがリスクのあることだとはわかっていましたが、零細企業の身でもあり、なかなか解決はできませんでした。
 そこに突然、結果を求められる事態がおきたのです。
 わたしは、青ざめるどころか、肚の底が冷たくなりました。家族、社員も同じだったと思います。
 交渉は難航し、仕事はどんどん少なくなっていきます、お金はどんどん出ていきます。真面目で堅実な両親や叔父夫婦でしたが、零細企業の悪しき癖で、すでに身銭をきっておりました。余力も少ないところを、さらにすり減らす日々がつづきました。
 わたしは、いろいろと問題があり、なかなか跡を継げずにいました。そこで、いとこの意思を訊きました。いとこは気力をもっていました、銀行でつちかった実力ももっていました、そして、いとこに跡をお願いしました。
 まず、相手企業と交渉をして、少しでも仕事が残るように、料金が据え置かれるようにしました。それからリストラです。会社の無駄を省いたり、何人かの社員の方には退職していただきました。両親や叔父たちにはできなかったことです。アットホームな雰囲気で、和気藹々としていて、とても楽しかったのです。ずっと身内のように付き合ってきたのです。もちろんいとこも、そんな中でずっと育ってきていますから、身を斬られるような想いだったと思います。しかし、それをしなければ、全員に明日はなかったのです。
 首の皮一枚がつながったあと、新規事業です。収入が支出においついていませんから、このままではジリ貧です。いろいろと勉強し、社内を整備し、方向性を模索しました。そしてさまざまな試行錯誤を経て、インターネットサイトを造りました。社員全員が一丸となって、数年間を走り続けてきました。甲斐あって、ようやく業績も上向きになり、新規のお客様も1000件を超え、ISO認証も取得し、さらなる発展を目指すスタートラインにつくことができました。
 その祝勝会です。
 自分たちと、ささえてくれた皆様の、感謝と歓喜の宴でした。経営陣、社員、社員の家族、コンサルタントの方、みんなで楽しく2時間30分をすごしました。
posted by はづき生 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ちっている

 わたし、散っています。文章が散っています。だだ流し。そのとき気の向いたことを、なんとなく書き散らしています。だから自己満足です。その自己満足の文章ですらないかもしれません。
 読む人に何を伝えたいかが非常に曖昧です。あれもこれもと思いついたその場で適当に組み込んでいます、もちろん文章になっていません。文章の細部もいいかげんです、ノリとか、まったく何にも裏打ちされていない勘によって書いています。もはや書く前に構成うんぬん、というレベルではありません。
 このブログは、思いつきのいい加減なことでも、気晴らしでも、好きなように書くつもりでもあります。そんなお気楽ブログです。けれども、あまりにも気配りがなさすぎました。
 言葉の意味、使い方、文章のながれ、内容。読む人がおもしろく読めるような文章、構成のしっかりしている文章であればなお良いですけれど、そうではなく、気軽に書いた文章にすらなっていませんでした。
 すべては散っていたのです。
 気が散っているのです。
 気が散るから続かない、集約されない。同じ1日24時間をすごしているのに、できる人できない人がいる。わたしはできていない。少なくとも、求めるものははるか遠い。寄り道が必要なこともあるし、まったく逸れないということはないだろうけれど、逸れすぎはいけない、散りすぎはいけない。成せるものも成せなくなる。必要以上の工数がかかるのだ、時間だけでなく、意識の散逸によって失われるもの、届かないものも多い。
 実際の作業だけでなく、書く前の意識や考えについても同じことがいえる。書くネタや視点が散れば、それだけ複雑に、ひとつひとつについては薄くなる。結果、よくわからないものができあがる。すべてを内包しているように思えるものは、それは、そのすべてにおいて、きちんと集約しているのだ、散逸ではない。
 わたしは、いろいろなものを、きちんと集約させることからはじめなければならない。
 作業も、きちんと集中しなければならない、よそ見ばかりしていては進まない。
posted by はづき生 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

Gary Gygax氏 死去

 D&Dの生みの親のひとりであるGaryGygax氏が、2008年3月4日、心臓麻痺で亡くなったそうです。享年69。

 昔に読んだRPG関係の本には(たぶん、黒田幸弘さんか、安田均さんか、鈴木銀一郎さんの著作だとおもいます。)RPGの始まりの話が書いてありました。まだ、RPGが、「TRPG」と「T」をつけなくても通じた時代。むしろコンピュータRPGが「CRPG」だった時代。いつのまにか時が過ぎ、今では大昔の時代。
 1974年に、ゲイリーガイギャックスが、デイブアーンスンらとともに、チェインメイルというシミュレーションゲームのサプリメントとしてD&Dを発表したらしいです。
 わたしの細々とした知識より、やたら詳しいコンテンツがありましたので、URLを以下に貼っておきます。
http://www.mahoroba.ne.jp/~furutani/long/00000182.html

 思えば遠くへ来たもんだ。
 いくつも時代は移り変わり、とうとうGygax氏まで亡くなると、とても淋しいです。
 ご冥福をお祈りいたします。
posted by はづき生 at 15:09| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

鴨川墓参200803

 母方の祖父が千葉県鴨川市の出身で、お墓と土地が残っています。なかなか帰れないのですが、年に1度は行くようにしています。
 祖先は、鴨川駅の近く、横渚の海岸付近に土地を持っていました。前原海岸のところです。その辺り一帯とも伝えられていますし、おばさんの話では600坪くらいだったとか、今となってはハッキリしていません。ただ、わたしの曽祖父が、友人のギャンブルの連帯保証人になって、そのかたとして、ほとんどがとられてしまったということです。現在残っているのは20坪ほどで、Hさんに駐車場として貸しています。
 お墓も駅近くの墓地にあります。砂を流山の墓地にうつしてはいるのですが、今も墓石があって、お参りに行きます。
 朝8:00すぎに出発、市原SAで朝食、あさりカレーを食べる。道の駅の「ふれあいパーク君津」で休憩。ソフトクリームを食べる。「最高級バニラ(すごい名前だ)」がおいしい。鈴木メロンさんのトマトや、鯛せんべいなどのお土産も買い込む。
 母のおさななじみで、お墓の管理をしてくれているOさん宅によってから、Oさんと一緒に墓参する。その後、ガストで昼食。
 Oさんを家まで送ってから、駐車場の借り手であり、管理もしてくれているHさん宅を訪問。いつも、いろいろな情報をくれるので助かる。お土産をもらう。
 親類2軒をたずねる。鴨川松島のあたり、バス停は石見堂下。W家は昔お店をやっていたけれど現在は閉めている。W冷食という会社が本業。坂の上にあるO家は、Wさんの弟さんの家で民宿をやっていたが、現在は素泊まりのみになっている。お茶をいただいたり、お寿司をごちそうになった。
 食べすぎ。
 いろいろと昔話を聴けた。あまり帰らないけれど、とても嬉しい。こういう人たちがいて今の自分たちがあるし、伝えていきたいと思う。
posted by はづき生 at 22:33| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

すっきり

 こころのメンテナンスしています。
 きっと、こころの持ち方、考え方で、よりよい未来が拓けるはずだし、すっきりするはず。
posted by はづき生 at 23:25| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

痛すぎ! 公開講座に行き損ねた。

 しまったぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!
 現代詩作家の荒川洋治さんの公開講座に行く予定でした。3回のシリーズで、今回は2回目。テーマは詩です。
 前回がとてもおもしろかったので、期待していたのですが。
 ただでさえ忙しい毎日が、予定が狂ったり、月末だったりして、さらに忙しく、そしてなによりも、鬱。鬱鬱鬱鬱鬱、と、ず〜〜〜〜〜っと悩んでいまして、ほとんどのことが頭の中から吹き飛び、ようやっと目の前のことだけを、やっているんだかいないんだか、という毎日を送っていました。そんなわけで、失念していたわけです。
 がっでぃぃぃぃむっ!!!
 なんとなく虫の知らせがありまして、ひさびさに手帳を確認、すると、さっき終わったばかり!!!! (ノ_-;)ハア…
 そうです、忘れないためにと、昨年からつけていて、毎日確認するようにしているはずの手帳すら、確認していなかったのです。われながら情けない。
 悔しさがぬけなくて、こうして書いています。ああ、また、自分の気を鎮めるために書いているのね。
 自己コントロールの大切さを、今日もまた、身をもって知ったのでした。
タグ:荒川洋治
posted by はづき生 at 02:39| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

やりやがったな天上天下(若干ネタバレ)

 思わず心の中で言っちゃいました。
 「天上天下(大暮維人、ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ、集英社)」という漫画が好きでして、このたび18巻が出たので、昨日GETして読みました。(ってゆーか、今、途中w)
 やってくれちゃいましたよ、もう。
 好きな部分はいろいろあるのですが、さいきん、ちっと、比呂彦と蜜色という人物がお気に入りです。造形もいいけど、ネーミングも好み。
 で、前巻よりのつづきで、主人公方の人物と比呂彦(立場不明)が戦っていまして、その中の回想シーンで、比呂彦と蜜色の幼い頃がでてきます。
 春琴抄ぢゃんかっ!!! Σ( ̄□ ̄;)
 いや、もう、好きですよ、こーいうの。ってゆーか、こーゆー話の持っていきかた、自分でもやりたかったし。つーか、谷崎さんですよ。かっちょぇーーーーーーー。
 物書きしようとしてて、わたくし、極度に読むのが遅いせいもあり、散漫な気質もあり、恥ずかしながら殆ど本を読んでおりません。が、いくつか読みたいとか、きっとこのひと、と決めた人や本がありまして、ただの勘なのですが。そのひとりが谷崎潤一郎です。ああ、道は遠きかな。
 閑話休題。
 で、こーいう2次創作みたいなのは、大歓迎です。大暮維人的春琴抄解釈、になるのかなぁ。
 ぼぉーっとしていて、あまり読み込んでいないわたしでしたが、ハッとしたのです。わたくしがアホすぎて、春琴抄を読んでいるときには、ちゃんと味わっていなかったのですが、読みやすい漫画で、やっと気づきました、アホですわたし。
 2人は春琴と佐助だったのねー。(違う?w)
 おもわず、打たれてしまいました。
posted by はづき生 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

土手の伊勢屋

 土手通りにあるから土手の伊勢屋、だと思う。
 今日(2008年02月24日)、近所の人に、吉原大門の近くにある、土手の伊勢屋で天麩羅をご馳走になった。
 道路をはさんで向かいにあるマンションに住む人たち(その人達はいとこ同士)が、うまい天麩羅屋があるから行こう、と去年から誘ってくれていて、わたしの運転で、母も含めて4人で食べにいきました。
 古くからあるお店で、建物は戦前のもの。とても趣きがあるのですが、意外にも若いお客さんが多かったです。中には多摩の方から来ているらしい方も。開店してすぐに行ったのですが、すでに店内は満員で、店外に何人もならんでいました。お店が椅子を出していてくれているので、母たちは座っていました。入り口では若くてちょっとかわいいお兄さんが忙しく案内しておりました。
 しばらく後、足の悪いメンバーばかりなので、テーブル席に案内してもらいました。店内はちょっとなつかしい雰囲気のつくりです。ガラスも昔のもの。近所の人たちは、昔、常連だったらしく、店の方といろいろお話をしていました。
 店内では、若い店員さん、というよりも、子供がお手伝いっ!! ああ、なつかしい光景w 昔はこうでしたよね。わたしもよく家の手伝い、ってゆーか、今でもやってますがw かわいい10代の女の子と、ちょっと腕白そうなぽっちゃりした男の子が、お茶出ししてます。あ、もしかして兄弟なのかな、ってことは、若いお兄さんは、大学生くらい?? もしや……お父さんだったりして!? ^^;;;
 注文は、常連のお2人にまかせたのですが、でるわでるわ。いったいいくつ注文したんですか。上天麩羅を人数分、あなご天麩羅(上天麩羅にもあなご入っているんですけどねw)、お新香、しらす大根おろし。そして、生牡蠣の天麩羅! どうやら、牡蠣は裏メニューらしいですw さすが常連。
 牡蠣の天麩羅は、塩とすだちで、きゅっ。さくっと、すっと入ってきて、旨みがじわぁっと。
 しらす大根おろしは、さっぱりと。大葉と柚子をちらしてあります。すでに味もついているので、そのままぱくぱく。柚子って、こういうのに合うんですね。
 あなご天麩羅は、はみ出すほど、でかい、です。それが2つも。さくっとして、中は、ふんわり。どんどん食べられます。あなごの骨も、カリッと揚がっていました。
 上天麩羅には、あなご、えび、ぼたんえび、しいたけ等等。ああ幸せ。こんなに食べたのは、はじめてです。ってゆーか、さすがのわたしも食べきれません。残りは、包んでもらいました。
 その後、デパートの食堂で、ホットチョコレートサンデーを食べたのは、内緒だ!! (ノ∀`*) ペチ!!
posted by はづき生 at 18:04| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。