2010年04月23日

矢嶋博士さんのマクドの短歌

矢嶋博士さんが、興味深い短歌を作っている。



マクド二階は。わが避難所にして、聖なるかなや パン、コーヒー、歌。を得さしめ賜ふ

実際。200円でコーヒーを飲ま、マックチキン食は、歌うたはしむるなり

200円。ならばこその、わが日に数度も、避難に退避繰り返しをりぬ

早朝は6時からゆき、深夜ゆき。25時までをわがゐ抱かれゐしよ

マクドは。わァが、やァどォり〜。書斎、学問の府。開かれて世界を見しむる

わがいのちを。養い呉るる わがうたを 太らせ給ふ マクドぅぞ宝


当該記事URL
http://yasimahirosi.at.webry.info/201004/article_56.html




以下、歌評というか、解析のようなもの。


マクド二階は。わが避難所にして、聖なるかなや パン、コーヒー、歌。を得さしめ賜ふ

 句点、読点の多用が目につく。こういった歌がないわけではないが、ここまでの多用はめずらしい。これによって読む際の韻律が強く制御される。見た目にも区切りがはっきりすることになる。
 一見、歌としてズタズタにされているように思うが、読んでみるとわかるとおり、訥々ではあるが読みにくくはない、むしろ独特の声調になっている。
 また、句点、読点で区切ることによって、各オブジェクトが一直線ではない配置にされて、空気感を生んでいる。


実際。200円でコーヒーを飲ま、マックチキン食は、歌うたはしむるなり

「飲ま」「食は」「うたは」を言いさしておいて、さいごに「しむるなり」でまとめている。
 おもしろいけれど、成功しているかどうかは微妙。ただ、この連作の中においては、さほど気にならず、むしろこのような人なのだと、妙に納得もする。


200円。ならばこその、わが日に数度も、避難に退避繰り返しをりぬ

 なんとなくわかるが、不明な点も多い。
「わが日」とは、いったいなんであろうか。ふつう、その人にとっての一日は「わが日」だと思うが、あえて言うこともない。もしかすると、ふだんは「自分の日」という感覚がないのであろうか。下の句を読むと、自分の時間をつくりにいっているようにも思える。ただ、この文脈で「わが日」は、わかり難いのではないだろうか。
「避難に退避」は、同じ言葉をあえて避けたのだろうけれど、あまり効果がないように思う。むしろ、意味を穿ってしまう。それとも、きちんと別物として「避難」と「退避」があるのだろうか。ここからは窺い知ることができない。


早朝は6時からゆき、深夜ゆき。25時までをわがゐ抱かれゐしよ

「〜ゆき、〜ゆき。」はどうしても、額田王の「あかねさす紫野行き標野行き〜」を連想する。そして歌に時刻も盛り込まれていることから、列車の行き先表示も連想する。
「わがゐ抱かれゐしよ」は、詠嘆に生身の感覚をとても感じてよいと思う。安堵感、そして、すこし客観的に、自嘲的な雰囲気もまじっている。


マクドは。わァが、やァどォり〜。書斎、学問の府。開かれて世界を見しむる

 おそらくは雪山賛歌を下敷きにしている。そして、「書斎、学問の府」と言い、「世界を見しむる」と言っている。
 いきなり出されると面食らうだろうし、読むひとによっては面白くないと思うが、実感はこもっていると思う。この連作の中にあって、効果をあげるものだと思う。


わがいのちを。養い呉るる わがうたを 太らせ給ふ マクドぅぞ宝

 沖縄の諺だったと思うが「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」というものがある。命が宝だ、ということである。これを下敷きにして「マクドぅぞ宝」と言っているのだと思う。
 歌としては、そのまま実感を述べただけに思われる。しかし、強い実感は感じる。




余談
 もしかすると、わたし以上のマクドの強者なのではないかと思われる。わたしが畏怖するほどの人を知ったのは、はじめてである。それが取り上げる動機のひとつともなっている。わたしは「スーパーサイズミー」の映画の人にも、日本で「スーパーサイズ」的なことをして本にした人にも、畏れは感じなかった。
 客として、マクドに通う回数、滞在時間は、期間限定であるならば、未記録ながらわたしは、世界でもトップクラスだと思っていたのだ。
 小学生のころは、お小遣いその他の関係からも、週に1,5回くらいしか行っていなかったが、中学、高校は一日に1〜3回。ゲームなどをして滞在時間は毎日数時間。大学時代はもっと多くて、毎日3〜5回。一日の滞在時間は4〜17時間くらいであった。社会人になってからも毎日のようにマクドに通っていた。
 しかし、おなじようにマクドに住むがごとき人を知ったのは、矢嶋氏がはじめてなのである。
posted by はづき生 at 20:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 気になるURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

短歌20100422昼

あめのみづ集めてはやし下水溝われらの下にいま激ちたり
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

2010年1月22日(金)のメモ。文庫の間にはさまっていたのに、けさ気がついた。 田中宏輔

すばらしいと感じたので、転載します。
文章を書く方には、とても参考になるとおもいます。


田中宏輔氏のMixi記事より転載

2010年1月22日(金)のメモ。文庫の間にはさまっていたのに、けさ気がついた。 2010年04月20日16:32  


あさ、仕事に行くために駅に向かう途中、目の隅で、何か動くものがあった。歩く速さを落として目をやると、結ばれていたはずの結び目が、廃棄された専用ゴミ袋の結び目がほどけていくところだった。ぼくは、足をとめた。手が現われ、頭が現われ、肩が現われ、偶然が姿をすっかり現わしたのだった。偶然も齢をとったのだろう。ぼくが疲れた中年男になったように、偶然のほうでも疲れた偶然になったのだろう。若いころに出合った偶然は、ぼくが気がつくやいなや、たちまち姿を消すことがあったのだから。いまでは、偶然の方が、ぼくが気がつかないうちに、ぼくに目をとめていて、ぼくのことをじっくりと眺めていることさえあるのだった。齢をとっていいことのひとつに、ぼくが偶然をじっと見ることができるように、偶然の方でも、じっくりとぼくの目にとまるように、足をとめてしばらく動かずにいてくれるようになったことがあげられる。

 仕事から帰る途中、坂道を歩いて下りていると、後ろから男女の学生カップルの笑いをまじえた楽しそうな話し声が聞こえてきた。彼らの若い声が近づいてきた。彼らの影が、ぼくの足もとにきた。ぼくの前に、だんだん姿を現わしてきた。彼らの影は、はねるようにして、いかにも楽しそうだった。ぼくは、彼らの影が、自分の目の前にあるように歩調を合わせて歩いた。彼らは影まで若かった。ぼくの影は、いかにも疲れた中年男の影だった。二人は、これから楽しい時間を持つのだろう。しかし、ぼくは? ぼくは、ひとり、部屋で読書の時間を持つのだろう。もはや、驚きも少し、喜びも少しになった読書の時間を。それも悪くはない。けっして悪くはない。けれど、ひとりというのは、なぜか堪えた。そうだ、帰りに、いつもの居酒屋に行こう。日知庵にいるエイちゃんの顔と声が思い起こされた。ぼくは横にのいて、二人の影から離れた。
ラベル:田中宏輔
posted by はづき生 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短歌20100420昼

ずぴゅーんと「ぴゅ」にアクセントを置く弾を撃ちたりインベーダーの砲台
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

短歌20100418甲夜

開け閉めの容易ならざる猫の身は切にして立ち襖ひつかく
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

短歌20100416甲夜

啄木と茂吉を読みしこの宵にわれ泣きぬれてきたりけるかも
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

短歌20100415夜

流木はぶつかりしのち離れゆく夜よどみゆく湾の奥処に
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

短歌20100414昼

天井より長く下がりて二十年ほこりまみれのハエトリ紙は
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

西巻真の短歌時評チェック

 西巻真さんが純響社のサイトで短歌時評を書いています。
 不定期連載です。
 どんどんいい感じになってきているので、チェック。
 そういえば、とくに2010/04/13時点での最新の記事(フランス的な表層か〜略)を読んでいて、文体が何かに似ていると思ったら、いわゆる批評家のひとたちに似ていた。文芸、とくに詩歌は批評者と作者がほぼイコールの場合が多い気がしていて、とくに短歌は(ほかはあまりしらないけれど、たとえば詩は、詩作者いがいの評者が短歌よりは多い気がする。)短歌作者が批評していて、その文体はごく普通に論じているように思われる。わたしみたいに、そもそも普通の文章すらひどいありさまではあまり説得力はないのですけれど、そう感じる。もちろん内容の是非などではなくて、文体のこと。
 ただ、文体が違うと、対象の切り口などもかわってくると思う。
 西巻さんの文体は、批評家の人たちの文体に似ていると思った。それと、すこし遠回りにみえるけれども、いくつかの必要な話や語定義を埋めていっている。
 というわけで、検索したら、石原千秋さんの弟子だたのねー。

西巻真の短歌時評
http://junkyosha.com/jihyo/index.html
posted by はづき生 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短歌20100413昼

なやましき名としてありぬ社会民主党党首消費者少子化担当相福島みずほ
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

短歌20100320朝

国家最優先課題として映さるるニッポニア・ニッポン巣立ちの檻[ケージ]
ラベル:短歌
posted by はづき生 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

虫武さんとこ

虫武一俊さん
ネットでしばしばお目にかかる。
お!
いいなって思うことしばしば。



虫武さんの近作(と思われる)より六首(順不同)


髪も身も風にまかせてときどきはただの物体に戻りたい

 「物体に」というのがいいよね。「髪も身も」というように「髪」をいれたところが技。髪で風のイメージがあきらかにされて、「まかせて」とともに「か」の韻もふんでいる。そして「ときどき」でリズムを継続させていて。「ただの」できちんとしかもなにげなく「物体」につなげている。
 三句目で転じて下の句で述べているスタンダードな感じで安定している。


スクランブルエッグがうまく作れたと母に言わずにきて、こうなった

 「言わずに」というように否定で表すところはきちっと基礎ポイントついていると思う。「うまく作れた」かここできいてくる。
 で、うまく作れたのは「スクランブルエッグ」なにかありそうな気配でそして、「こうなった」と告げている。読点がきいていて、句跨りをあきらかにした上で「こうなった」の部分を別口にしているので、ながれは自然なのだけれど「こうなった」部分が字足らず的な欠損感もともなっている。もちろん「こう」は指示代名詞だからそれがなんだったのかはわからないけれど、そこを謎にして、受け渡す感覚だけをつたえている。


はこにわにうさぎは眠る はこにわに壊れなければ気づかないまま

 歌そのものは隠喩でつくられているように思える。
 二句で一字空けしているので強制的に切れる。二つの「はこにわ」がループのようにも感じられる。そして二つ目の「はこにわに」は三句なので、下の句がはじめから「壊れなければ〜」という叙述になるのでわかりやすくなる。
「はこにわに壊れなければ」がすごい。はこにわはうさぎ大の生き物のいるような空間とは思えないが、そこにうさぎはいて、眠っている。そしてそこで壊れている。うさぎははこにわ以外のところで壊れていたら気づかれなかったのだ。そしてうさぎは「壊れ」たのだ。
 「はこにわ」の平仮名書きも、「うさぎ」の選択もベストだと思う。これが「箱庭」だったり「犬」「猫」だったらダメなのだ。音のつらなりもいいと思う。


「待たせたな」もうすぐカッコつけながら来るはずおれのなかの勇気は

 ちょっと辻井さんを連想してしまった。^^;;
 「カッコつけながら」のところに意識があらわれている。これは自分を、自分の勇気を客観視している。
 「もうすぐ」「はず」や倒置なども効果がでている。


自転車のうしろのカゴにすっぽりと入ったのでつれていく赤ちゃん

 「ので」ですよ。前の歌の「はず」といい、こういったところが上手だと思う。助詞っていうのかな(実は文法とか極度に苦手で^^;;)。
 「すっぽり」は実にジャストミートだと思う。これが無理やり押し込んだとかだとだめ。すかすかもだめ。ちょうど「すっぽり」がいい。語感もいい。入れられるのは「赤ちゃん」。入れられてつれていかれた。あ、作中主体からみれば、すっぽり入ったので、つれていった。すっぽり入らなかったら?? 「つれていく」ってこともなにやらざわめきを感じるけれど、「ので」って、入らなかったらどうだったのだろうとかいろいろと想像してしまう。「自転車のうしろのカゴ」だなんて、なんてぞんざいな。
 上の句は定型だけれど下の句がすこしイレギュラー。音数だと15音で、1音多い。できるだけ77に分けると「入ったのでつ」「れていく赤ちゃん」となって語割れ感。だけれど実際は「入ったので」「つれていく赤ちゃん」と読むことになると思う。そうすると、あきらかに異常な部分の「入ったので」が音の欠損をまとって、サクッっとくる。
 なにがなんだかわからないけれど、ざわめきを感じてしまう。これは、きちんとわかりやすく景が描写されていて、語選択や助詞のつかいかたで醸し出す雰囲気や、意識のありかたをきちんとしめしていて、それでいて謎を残しているから。


ぜぶらぜぶら世界がすべて安全に正しく色分けされていっちゃう

 これまた不思議な歌、不思議な魅力。
 「ぜぶらぜぶら」のように、通常はオノマトペでないものをオノマトペに使うことはしばしばあって、なおかつ「ぜぶら」はそれなりに人気の高い言葉だと思う。「世界がすべて」も「安全に正しく」も「色分け」も、けっこうよく使われることばだと思う。でもなにか、感じてしまう。既視感だけではおわっていない。
 これはきちんと歌がつくられているからだと思う。ありがちな雰囲気だけでながしているのではなくて、伝えたい方向に歌がむかっているからだと思う。
 「ぜぶらぜぶら」ひらがながいいですね。カタカナの「ゼブラ」からイメージが少しだけ解き放たれるし、ひらがなの感触も出る。そして呪文みたいだ。そして「ぜぶらぜぶら」は「色分け」をきれいに引き出す。
 色分けされていくのは「世界」。ここは「世界」でないといけないのだと思う。「全て」という意味での「世界」、じぶんの認識範囲をあらわすものとして「世界」。
 で、その世界が「すべて安全に正しく」という、これでもかという、きちんとしたものの見本のようにされる。「すべて」「安全に」「正しく」と3つ連なっているのも効果がある。
 これらがすべてきちんと「色分け」に集中している。
 さいごの「いっちゃう」も感情をあらわしていて、そしてこの子供っぽい雰囲気を出すことによって、一首の雰囲気を決定付けている。画竜点睛。


虫武さんのサイト
The NEET-verse
http://blog.livedoor.jp/kitakawachi/
ラベル:短歌,虫武一俊
posted by はづき生 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。